YouTubeで収益化できない!その理由と対処法をまるっと解説

YouTube収益化できない理由 収益化する

YouTubeで収益化できない時って本当に悩ましくて心が折れそうになりますよね。

撮影や編集など手間暇かけて育てたチャンネルですから、できれば早く収入を得られるようになりたい、そう願うのは誰しも同じ。

こちらのページでは、YouTubeで収益化できない理由と対処法など、収益化に向けてどのように改善していけばいいのか詳しくご紹介します。

あなたのチャンネル収益化実現に向けて、着実に前進していきましょう。

YouTubeで収益化できない理由と対処法

YouTubeで収益化できない理由と対処法

YouTubeで収益化できないのには理由があります。それぞれの対処法も合わせて見ていきましょう。

収益化の条件を満たしていない

YouTubeで収入を得るためには、YouTubeパートナープログラムに登録する必要がありますが、誰でも登録できるわけではなく、

  • 過去12ヶ月間のチャンネルの総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者1,000人以上

この最低ラインの基準をクリアしないと先へ進むことができません。

過去12ヶ月ですから、チャンネル開設から1年というわけではありません。直近の12ヶ月でクリアしたかどうかで随時判断されます。

ですから、チャンネルによっては数ヶ月で達成する場合もあれば、2~3年かかってやっと達成できる場合もあるわけです。

この2つの条件をクリアしてYouTubeパートナープログラムに参加できたら、続いてGoogleアドセンスの審査があります。これらが収益化の最初の難関です。

YouTube収益化とアドセンス|報酬の仕組みをわかりやすく解説!
YouTubeの収益化には、アドセンスが欠かせません。ですが、YouTubeとアドセンスの関係性など、理解していないとわかりにくい部分も多々あります。 このページでは、そんな収益化や審査、報酬がもらえる仕組みを見ていきましょう。 Y...

対処法としては、地道に質の良い動画をアップしながら、プラスαで視聴数を上げる工夫をしてくこと。

チャンネルが伸び悩んだ際の対策についてはこちらで詳しくご紹介しています。

YouTubeの再生回数が増えない理由と見直すべき6つのポイント
YouTubeで動画をアップしてもなかなか再生回数が増えない、伸び悩むって切ないですよね。ですが、落ち込んでいるだけでは再生回数は増えません。 では、YouTubeで再生回数が増えない場合、どういった理由があるのか。それを解消するには...

そもそもの条件達成でつまづきそうならこちらをご参考にして下さい。

YouTubeが全然再生されないと凹む前に改善策としてできること
YouTubeを始めてみたけど、全然再生されない!苦労して投稿したのに、成果に繋がらないのは辛いですよね。 こちらのページでは、そんなあなたの悩みを解決するべく、なぜ見てもらえないのか、どうすれば再生されるのか、わかりやすくガイドしま...

YouTubeの収益化ポリシー等に違反している

YouTubeでは、収益化の審査が年々厳しくなっています。違反事例で問題が発生すると、新たな対策が施されるといった感じで、どんどんルールが増えています。

コロナウィルス関連の動画について収益化規約の更新があったのも、記憶に新しいところではないでしょうか。

いくら最初の条件を達成できても、その後の収益化審査を通過できなければ収益化できないので、このポリシーなどについてしっかり対策をしておかなければなりません。

本気で収益化したいなら、守るべきガイドラインなども把握しておきましょう。

■YouTube収益化の審査に落ちた!ありがちな3つの事例と対処法

著作権

収益化審査でNGとなるもので多いのが著作権の問題です。

音楽、映像、アート作品、ゲーム、などなど、著作権の対象となるものを動画内で無断使用すると、著作権侵害となります。

対処法としては、著作権に触れるものは排除するしかありません。商用利用OKのフリー素材だとしても、コピーライトの表示が必須というケースもあるので、しっかり確認した上で利用することをおすすめします。

コピーコンテンツ

YouTubeでは、コピーコンテンツなど再利用された動画と判断されれば、収益化の審査も通過できません。

似たような内容のものばかりで数を稼ぐようなやり方では収益化は難しいでしょう。実際、収益化審査で落ちている事案としてもこのコピーコンテンツが多い印象です。

対処法としては、オリジナリティのある動画を作るのはもちろん、個々の動画にも変化を付けることが大事です。

動画だけでなく、サムネイルや動画説明文なども似たようなもの、コピペのみといった感じで使い回すとマイナス材料となってしまいますので注意しましょう。

不快感を与える

YouTubeでは「広告掲載に適したコンテンツのガイドライン」があり、これによると

  • 不適切な表現
  • 暴力
  • アダルト コンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • 有害または危険な行為
  • 差別的または中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグや薬物に関連するコンテンツ
  • 銃器に関連するコンテンツ
  • 物議を醸す問題
  • デリケートな事象
  • 扇動的、侮辱的なコンテンツ
  • タバコに関連するコンテンツ
  • ファミリー コンテンツに含まれる成人向けのテーマ

これらに該当する内容はガイドライン違反となり収益化できないこととなっています。

対処法としては、ガイドラインを把握、その内容に従うしかありません。他の動画ではやっているからという理由ではOKにはならないので、安全確実に行くならこういうリスクは極力避けたいところです。

長期間放置

チャンネルを半年以上何もせず放置していると、たとえ収益化されていても無効となる場合があります。

対処法としては、6ヶ月以上放置しないよう、定期的な動画投稿、もしくはコミュニティでの投稿を続けることです。

チャンネルの評価が低い

収益化の最初の条件を満たしても、チャンネルとして魅力が無ければ収益化が認められません。

収益化審査では、いかに視聴者から支持を受け、再生されているか、コメントや高評価が付いているか、など様々な要素もチェックされています。

対処法については、こちらで詳しくご紹介しているのでご参考にして下さい。

YouTube収益化の審査に落ちた!ありがちな3つの理由と対処法
YouTubeの収益化の審査を受けるには、18歳以上で、かつ以下の条件を満たしている必要があります。 直近12ヶ月間の総再生時間4,000時間以上 チャンネル登録者数1,000人以上 ですが、これを達成しても審査を必ず...

YouTubeに好かれる収益化しやすいコンテンツとは

YouTubeに好かれる収益化しやすい動画コンテンツ

YouTubeで収益化するには、YouTubeが何を目指しているのか、そこを認識しておく必要があります。

私達がいつでも無料で動画をアップできるのは、YouTubeに利益が発生するからであり、YouTubeにとって不利益な動画は不要。

YouTubeにとって広告収入は大きな柱ですから、広告主が広告を掲載したいと思うコンテンツが集まることを望んでいるわけです。

ということは、広告主が費用を投じてくれるような、多くの視聴者を集められる価値ある動画コンテンツを作ることが、私達の収益にもプラスに作用する、ということになるでしょう。

収益化というと、

  • 過去12ヶ月間のチャンネルの総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者1,000人以上

この2つの条件をクリアすることばかりに注意が向きがちですが、最終的な収益化に向けて価値あるコンテンツ作りを意識した方が、結果として収益化までの道のりも短くなるはずです。

タイトルとURLをコピーしました