YouTubeの1再生はいくら?単価の変動とその要因など徹底考察

YouTubeの1再生はいくらなのか 収益化する

YouTubeで稼ぐとなると1再生でいくらくらい収益があるのか、気になりますよね。

YouTubeで収益化を目指すにしても、本当に稼げるようになるのか、どれくらいの再生数を目指せばいいのか、目安となる数字を元に収入を得る道をしっかり見極めたいところ。

こちらのページでは、YouTubeの1再生あたりの広告単価がいくらなのか、単価が変動する要因などをひとつひとつ解説しながら、単価アップ対策についてもご紹介します。

単価を意識して、確実にYouTubeの収入アップを目指しましょう。

YouTubeでの1再生はいくらになる?

YouTubeの1再生あたりの広告単価は、一般的な平均値として0.1円と言われています。

この単価は決まっているわけではなく、変動があるのですが、トータルで平均すると0.1円前後、ということですね。

0.1円となると、10回の再生でやっと1円、100回再生で10円、1,000回再生で100円と数えていくと、なんだか絶望的な感じさえしますね。

ですが、そもそもYouTubeで収益化するためには、

  • チャンネル登録者数1,000人以上
  • 年間再生数4,000時間以上

という条件をクリアしてやっとスタートラインに立てるわけです。

恐らく、YouTubeを0からスタートした時には、この条件も途方に暮れるような目標だったはず。でも、地道に動画をアップしているうちに、いつの間にか達成していたりするものですよね。

YouTubeの総再生時間を確認|4000時間まであとどれくらい?
YouTubeの収益化には、「総再生時間4000時間」という壁を乗り越える必要があり、自分の再生時間は今どうなっているのか気になりますよね。 こちらのページでは、総再生時間の正しい確認方法から、YouTube収益化までの流れなど、初心...

収益化の条件を達成してからも、コツコツとチャンネルを育てていくことで、より高いハードルを越えることができるはず。

1再生0.1円なら、10万回再生されれば10,000円。

YouTubeの広告報酬は、8,000円以上になって初めて振り込まれるので、まずは毎月必ず収入が得られることを目標としたいですね。

YouTubeでの単価を確認する方法

広告収入が入るようになったら、自分の1再生あたりの広告単価がいくらなのか計算してみましょう。

まずは1ヶ月ごとの単価から。

一か月の広告収入÷1ヶ月間の再生回数

で計算すれば、1再生あたりの単価がわかりますので、その結果を見て対策を考えていきましょう。

YouTube1再生ごとの単価変動とその要因

YouTubeでの1再生あたりの単価は、0.1円程度となるのが一般的と言われていますが、いつも同じというわけではありません。

切ないですが、0.1円以下になることだってあるのです。

YouTubeの収益単価は変動する

広告単価は、様々な環境によって変動します。

例えば、0.01円~2円、3円といった単価になることも。ここまで単価が変動すれば、収入にも大きな影響を与えることになりますね。

YouTubeの単価が変動する要因とは

YouTubeの広告単価についての明確な算出方法などは公表されていませんが、単価に影響を与えるいくつかの要因が考えられます。

では、単価の変動にはどういったことが影響しているのかというと、

  • 動画の中身
  • 動画再生時期
  • 再生される地域

といったことが考えられます。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

動画の中身

動画について、

  • 動画の内容
  • 動画のジャンル
  • 動画の長さと広告の数
  • 視聴時間

といったことで単価は変わってきます。

動画の内容

動画の内容が、広告主のニーズに合っていれば、広告が付きやすくなりますし、単価アップの可能性もあります。ですが、広告のイメージダウンになるような内容であれば、広告が付きにくくなるでしょう。

YouTubeのガイドラインなどに違反している場合も、広告が付きにくい原因になります。収入アップを狙うならそういったポイントも押さえたコンテンツ作りが必要になってきます。

動画のジャンル

動画のジャンルや、動画を見に来る視聴者層というのも影響が大きい要因です。

例えば、子供向けのコンテンツなどは単価が低めであることが多いです。

単価が高めというと、

  • 美容・健康系
  • 教育・ビジネス系
  • 金融系
  • 不動産系
  • トレンド系

などのジャンルがあります。

収益化を目指すチャンネルのテーマを考えるときには、単価が安めのものよりは、高めを狙えるジャンルを選ぶといいでしょう。

動画の長さと広告の数

動画の長さが変われば、広告の数も変わり、単価にも影響してきます。長めで広告を多く見てもらえる動画は単価が上がる可能性もあります。

視聴時間

動画が長くても、視聴時間が短ければ意味がありませんよね。視聴維持率を高く保てる動画は広告主にとっても、価値あるコンテンツとなり、単価アップが見込めます。

チャンネルが育つにつれて、単価もアップしやすくなっていくでしょう。

YouTube視聴者維持率の意味と目安|低下の原因を探り対策を!
YouTubeの伸び悩み、なんとかしたいですよね。 伸び悩んだときに見るべきデータというのはいくつかありますが、中でも大事なのは、コンテンツごとの「視聴者維持率」。 まさか「よくわからない!」なんて、放置していませんよね。 ...

動画再生時期

動画の再生時期によって、単価も変わります。これは、例えば

  • 3月(年度末・入学卒業シーズン)
  • 5月ゴールデンウィーク
  • 7月夏休み
  • 7月・12月のボーナス時期
  • 12月クリスマス・年末商戦

といったいわゆる広告繁忙期には広告を出す企業が増え、広告費も普段より多く投入しますので単価もアップします。逆に企業が広告に力を入れない時期は単価が下がります。

単価が高い時期に収入を増やすためには、それぞれのシーズンに視聴される動画投稿を意識的に行っていきましょう

再生される地域

YouTubeは世界中で視聴される可能性がありますが、地域によっては広告単価が低い地域もあります。日本だけでなく、圧倒的に視聴者も広告主も多いアメリカなどでも視聴されるチャンスがあれば、単価がアップする可能があります。

日本国内でも十分に広告単価アップは狙えますので、まずは国内で少しでも多く視聴されるようなコンテンツ作りをしていきましょう。

動画に固定ファンができて、動画投稿にも慣れてきたら、例えば英語字幕を付けるなど、海外の視聴者を増やすための工夫をプラスしてみたり。

再生される地域を意識した戦略も検討してみるといいでしょう。

YouTubeの広告単価をアップするには

ここまで、1再生あたりの広告単価に影響を与える要素をお伝えしてきましたが、あなたのチャンネルで工夫できそうなポイントは見つかりましたでしょうか。

単価をアップして、収入を確実に増やしていくためには、自分の動画1再生あたりの広告単価を把握し、必要に応じた改善策を講じていくことが大事です。

  • 1再生あたり0.01円なら、10万回再生で報酬は1,000円
  • 1再生あたり0.1円なら、10万回再生で報酬は10,000円
  • 1再生あたり1円なら、10万回再生で報酬は100,000円

と、同じ再生数でもこんなに報酬が違ってきます。

再生回数を増やすだけでなく、1再生当たりの広告単価も増やしていかなければ、いつまで経っても毎月の報酬を得るところまでは到達できません。

ですが裏を返せば、単価アップも考えながら、視聴者に喜ばれるコンテンツをコツコツと作成していくことで、大きな利益を生むことも可能ということです。

まずは利益より視聴者の利便性を考えて良質なチャンネルを作るのが収入アップへの近道になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました