平均再生率の重要性|YouTubeの指標でチャンネルを改善せよ

平均再生率の重要性 Q&A

YouTubeで動画投稿していれば、チャンネル登録者数や再生回数などの数値も気になりますよね。

YouTubeでチャンネルを育てていくためには、データ分析をして、問題点を改善していくことも大事。YouTubeアナリティクスの指標などはチェックしていますでしょうか。

こちらのページでは、YouTubeアナリティクスでチェックできる「平均再生率」について、その重要性やチャンネル改善のヒントなど、ご紹介します。

チャンネルの伸び悩みなど、改善する際の参考にしてください。

平均再生率の意味と重要性

収益化に向けて、チャンネル登録者数や再生回数を気にすることが多いと思いますが、YouTubeアナリティクスでデータをチェックすることで、より深くチャンネルの状況を把握することができます。

そのアナリティクスで得られる情報の中でも、重要な指標の1つとして知っておきたいのが「平均再生率」。

平均再生率というのは、動画の何%が視聴されているのか、その平均値を示す数字です。

例えば、10分の動画があったとします。

最初から最後まで離脱なしで見てもらえば、再生率は100%。5分だけ見た人がいれば、その再生率は50%です。

途中でスキップしながら見れば、その分、再生率は下がりますし、同じ部分を繰り返し再生すればトータルで100%を超えることもあります。

こうした各視聴者の再生率の平均値=平均再生率となるわけです。

平均再生率は、視聴者の多くが動画を視聴してどのような行動を取っているのか、具体的に把握するための大事な指標。

データを見るだけでは何も変わりませんが、この数値を元に、動画のクオリティアップのための改善策を見つけ出すことができるのです。

平均再生率の見方

では、平均再生率の見方について、詳しく見ていきましょう。

チャンネル全体の平均再生率を確認する

まず最初に「YouTubeStudio」にログインして、左側に表示されている[アナリティクス]メニューを選択します。

「YouTubeStudio」にログインして、左側に表示されている[アナリティクス]メニューを選択

 

次に、チャンネルアナリティクスの画面で[詳細モード]をクリック。

チャンネルアナリティクスの画面で[詳細モード]をクリック

 

すると、以下のような画面が表示されますので、[視聴回数(動画別)]と記載のある部分をクリックします。

[視聴回数(動画別)]と記載のある部分をクリック

 

以下のようにプルダウンメニューが出ますので、一番下の[その他の統計情報]を選択し、さらに表示されるメニューリストから、[平均再生率(%)]を選択しましょう。

プルダウンメニューが出ますので、一番下の[その他の統計情報]を選択し、さらに表示されるメニューリストから、[平均再生率(%)]を選択

 

平均再生率は、このような折れ線グラフの表示と、

平均再生率の折れ線グラフ

 

以下のような棒グラフでの表示で、切り替えができます。

平均再生率の棒グラフ

 

これらのデータをさらに、

  • 日別
  • 週別
  • 月別
  • 年別

と期間を変えての確認も可能となっています。

ここからさらに、動画タイトルごとの平均再生率についても見ていきましょう。

YouTubeアクセスアップのための4つの方法|あなたに足りないのは?
YouTubeに動画を投稿しても、なかなかアクセスが伸びないと悩んでいませんか。アクセスが伸びないと、モチベーションを保つのも大変ですよね。 こちらのページでは、YouTube動画へのアクセスを増やすための方法、伸びないときに足りない...

動画ごとの平均再生率を確認する

チャンネル全体の表示から、その画面を下にスクロールすると、各タイトルが並んでいます。このタイトル名の左のチェックボックスにチェックを入れると、その動画のみのデータが表示されます。

チャンネル全体の表示から、その画面を下にスクロールすると、各タイトルが表示

 

タイトルごとの詳しいデータを見るには、まず動画タイトル名の部分にカーソルを合わせます。すると、以下のような画面になりますので、左側のアイコン(動画のアナリティクスの概要を見る)をクリックしてください。

動画のアナリティクスの概要を見る

 

アナリティクスの概要では、動画の全ポイントで平均再生率がどうなっているのか、グラフと数値で確認できます。さらにその下の[詳細]をクリックすると、「視聴者維持率」と「相対的な視聴者維持率」を見られます。

動画の全時点で平均再生率がどうなっているのか、グラフと数値で確認

 

詳細をクリックして表示される視聴者維持率の表示がこちら。

視聴者維持率の表示

 

視聴者維持率については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

YouTube視聴者維持率の意味と目安|低下の原因を探り対策を!
YouTubeの伸び悩み、なんとかしたいですよね。 伸び悩んだときに見るべきデータというのはいくつかありますが、中でも大事なのは、コンテンツごとの「視聴者維持率」。 まさか「よくわからない!」なんて、放置していませんよね。 ...

上の画面の、視聴者維持率の部分をクリックすると、プルダウンメニューが表示され、[相対的な視聴者維持率]も見ることができます。

[相対的な視聴者維持率]のグラフ

 

相対的な視聴者維持率というのは、YouTubeヘルプで、

動画の再生中に視聴者の注目をどれだけ維持できたかを、長さが同程度の他の YouTube 動画と比べたものです。

と解説されています。

相対的な視聴者維持率のグラフを見ると、真ん中に平均値のラインが引かれているので、平均より上回っているか、下回っているか、動画部位ごとにひと目で確認可能で、相対的な評価ができるというわけです。

平均再生率の目標は何%?

平均再生率の目標としては、40%以上、できれば50%以上を目指したいところ。

そのためには、動画を半分以上見てもらえるよう、コンテンツの構成などで工夫をすることが必要になってきます。

平均再生率が低い場合の対処法

平均再生率が低いということは、離脱が多いということ。

YouTubeアナリティクスのグラフを参考に、問題点やプラスとなる点をそれぞれチェックしましょう。

視聴者がどこで離脱しているのかチェックするのも大事ですが、離脱の少ないチャンネルはどういった構成になっているのか、離脱の多い動画とどこが違うのか、その違いを具体的に把握することも大事。

一般的に、動画冒頭での離脱というのがとても多く見られます。

例えば、タイトルと全く関係のない内容を、前置きとして延々としゃべっていたらどうでしょうか。高い確率で離脱率アップが予想されますよね。

スタート地点での離脱の対処法としては、例えば、動画の冒頭にダイジェストを配置し、最後まで見たいと思わせるような前フリをする、という手法があります。

もちろん、最後まで見てもらうためには、視聴者を飽きさせない演出やシナリオ構成も大事です。

動画を見るためには時間が必要。視聴者の時間を割いてもらえるような、有意義なコンテンツづくりのためにも、YouTubeアナリティクスの平均再生率などの数値を参考に改善をしていきましょう。

YouTubeの再生回数が増えない理由と見直すべき6つのポイント
YouTubeで動画をアップしてもなかなか再生回数が増えない、伸び悩むって切ないですよね。ですが、落ち込んでいるだけでは再生回数は増えません。 では、YouTubeで再生回数が増えない場合、どういった理由があるのか。それを解消するには...

YouTubeのチャンネル改善|再生回数より大事なこと

YouTubeチャンネルのレベルを上げていくためには、再生回数も気になりますが、平均再生率などの数値で視聴者の行動なども把握しておきたいですね。

細やかなデータを分析、良いものを取り入れ、マイナス面を排除していくことで、より視聴者のニーズに合ったクオリティの高い動画コンテンツを生み出せるようになります。

逆に、データなどを反映させず、同じことを繰り返していても、チャンネルの成長は望めないでしょう。

チャンネルの成長を願うのであれば、解析データをしっかりと活用して、トライ&エラーで動画の作成技術をアップさせていきましょう。

YouTubeが全然再生されないと凹む前に改善策としてできること
YouTubeを始めてみたけど、全然再生されない!苦労して投稿したのに、成果に繋がらないのは辛いですよね。 こちらのページでは、そんなあなたの悩みを解決するべく、なぜ見てもらえないのか、どうすれば再生されるのか、わかりやすくガイドしま...
タイトルとURLをコピーしました