YouTubeサブチャンネルのデメリット|視聴者にバレる?

YouTubeサブチャンネルのデメリット視聴者にバレるのか Q&A

YouTubeのサブチャンネル作成にはメリットもありますが、デメリットも無いわけではありません。サブチャンネルを作る前に、デメリットも把握しておかないと後悔する可能性もあるのです。

こちらのページでは、YouTubeのサブチャンネルを作る際に考えられるデメリットについてご紹介します。

サブチャンネルを作ってから後悔しないように、しっかり予習しておきましょう。

YouTubeサブチャンネルのデメリット

サブチャンネルを作る際に考えられるデメリット

YouTubeのサブチャンネルを作る際のデメリットとしては

  • 0からのスタート
  • 作業量やコストが増える
  • 管理が複雑になる

といったことが考えられます。

0からのスタート

サブチャンネルを0からスタートするのは、やはりそれなりにモチベーション維持も必要ですよね。

メインチャンネルが収益化していても、サブチャンネルはゼロからのスタート。

収益化を目指すなら、チャンネルごとに条件をクリアしていく必要があります。つまり、総再生時間4,000時間と登録者数1,000人というハードルを超えるべく、改めてチャレンジしなくてはならないのです。

サブチャンネルでも収益化を考えるならここはデメリットと言えるでしょう。

作業量やコストが増える

メインチャンネルとサブチャンネルのどちらも平行して頻度を下げずに動画投稿するとなれば、当然作業量が増え、時間もかかります。場合によってはコストも嵩むでしょう。

メインチャンネルが大きく育っていれば、サブチャンネルに力を注いでも問題は少ないかもしれませんが、メインチャンネルも育てなければならない、一方でサブチャンネルも新設していくとなれば、どちらも中途半端になってしまう可能性が大きいでしょう。

成長途上にあるメインチャンネルを放置してサブチャンネルに意欲を注いでしまっては、パワーも分散、結果どちらも伸び悩む、なんてことも十分に考えられるのです。

サブチャンネル開設はメリットも多くありますが、メインチャンネルが育っていないうちに見切り発車的に始めてしまうと、後悔するかもしれません。

サブチャンネルを作る際は、作業量やコストなど、計画性を持ってプランを考えていきたいですね。

管理が複雑になる

YouTubeのメインチャンネルの他にサブチャンネルを作成すれば、投稿やコメントなど、都度アカウントの切り替えが必要になり、必然的に管理する作業も負担が増えます。

慣れるまではこういった部分も負担になるかもしれません。

共同で作業をしてくれる人員が確保できれば話は別ですが、ひとつひとつ作業や手間も増えて負担は増していきます。

サブチャンネルは垢BAN回避になるの?

サブチャンネルを作成していれば垢BAN回避になるのかといえば、そうとは限らないというのが本当のところです。

万が一、メインチャンネルかサブチャンネルが垢BANされれば、お互いに影響が出る可能性もあるのです。

YouTubeのヘルプには

チャンネルまたはアカウントが停止されたユーザーは、他の YouTube チャンネルまたはアカウントの使用、所有、作成ができなくなる場合があります。

とあり、別チャンネルであっても危険性を回避できるわけではないことがわかります。

メインチャンネルでもサブチャンネルでも、YouTubeのコミュニティガイドライン等に違反があれば、BANされる危険性は十分にあるので、内容をしっかり把握しておきましょう。

YouTubeサブチャンネルのアカウント

YouTubeのサブチャンネルを作成する場合、

  • メインチャンネルと同一のGoogleアカウント
  • メインチャンネルとは別のGoogleアカウント

このどちらでも作成可能です。

また、Googleアカウント名でなく、ブランドアカウントとしてチャンネル名を新たに設定して作成することもできます。

ブランドアカウントについてはこちらで詳しくご紹介しています。

YouTubeブランドアカウントとは|選ぶべき理由とメリット
YouTubeではブランドアカウントを作成して、独自のブランド名でチャンネルを運用することができます。 こちらのページでは、このYouTubeブランドアカウントについて、どういった仕組みなのか、どういったメリットがあるのかについてご紹...

いずれの場合でも、収益化したい場合はチャンネルごとに収益化条件を満たし、それぞれのYouTubeチャンネルに一つのアドセンスアカウントを紐付けすればOKです。

ちなみに、垢BANされる場合は、どちらで作成していても同じようにBANされる可能性はありますので、注意しましょう。

サブチャンネルを作成したらメインチャンネルの視聴者にバレる?

メインチャンネルとは全く別の趣旨や内容でサブチャンネルを作成した場合、メインチャンネルの視聴者にバレるかどうか、というのも気になりますよね。

YouTubeでサブチャンネルを作成したとしても、システム的にメインチャンネルなどで表示されるようなことはありません。

自分で概要欄などにサブチャンネルとしてリンクを貼ることはできますが、そうでもしない限り、自動的に紐付けされることはないのです。

ただし、声や動画の編集の仕方、撮影場所などあなたの動画の個性が強ければ強いほど、バレる可能性は高くなる可能性があります。

どうしてもバレたくないという場合は、そういった部分を意識して動画作りをしていくことをおすすめします。

YouTubeサブチャンネルのメリット

ここまでデメリットばかり紹介してきましたが、サブチャンネルにはメリットもたくさんあります。

ジャンル特化でターゲットを明確化

YouTubeチャンネルでは、特定のジャンルに特化していたほうがファンを集めやすいですよね。好きなことをランダムに紹介するチャンネルを作るのも楽しいですが、視聴者さんにとってはジャンルがごちゃまぜで不親切になってしまう可能性があります。

例えばDIYの動画でファンになってチャンネル登録した場合、工具や家電の紹介ならまだ親和性がありますが、例えばゲーム実況の動画などが混在していると離脱率への影響も出てくるでしょう。

サブチャンネルを作成してジャンルを分けるメリットはここにあります。

ジャンルを特化してコツコツと関連動画をアップしていれば、見る側も期待を持って他の動画、次の動画と続けて見てくれる可能性が広がります。

結果として、数多くの動画が再生されるチャンスも増えていくという嬉しい効果があるのです。

新規視聴者の獲得

メインチャンネルと異なるジャンルをサブチャンネルでアップしていけば、メインでは集められなかった新しい層の視聴者を獲得することができます。

ジャンルだけでなく、ターゲット層を変えることでそれぞれに特化したサブチャンネルを作るのもいいでしょう。

幅を広げて集客ができるのは大きなメリットですね。

メインチャンネルとの相乗効果

メインチャンネルとお互いにリンクすることで、おすすめチャンネルや関連動画に表示される機会を増やすことも可能です。

もちろん、メインチャンネルが育っていなければ相乗効果は薄くなりますが、しっかりと育っていれば、大きな効果を期待することもできるでしょう。

YouTubeのサブチャンネルのメリットだけでなく、デメリットも把握して、より大きな相乗効果が得られるようにチャンネル作りをしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました