YouTubeチャンネル名の決め方|アピール上手4つのヒントと具体例

YouTubeチャンネル名の決め方 Q&A

YouTubeのチャンネル名、どうしたらいいのか迷いますよね。

チャンネル名は、言わばお店の看板となるもの。これを安易に決めてしまうと後悔することになります。

こちらのページでは、YouTubeチャンネル名の決め方や、失敗しないための注意点などをまとめてご紹介します。

チャンネル名で後悔しないように、しっかりとポイントを押さえて、多くの人に親しんでもらえるネーミングを考えましょう。

YouTubeチャンネル名の決め方|4つのヒント

YouTubeチャンネル名の決め方|4つのヒント

YouTubeチャンネル名の決め方のヒントとしては、例えば、

  • 固有名詞
  • ジャンル
  • 独自ワード
  • 個性のアピール

などがあります。

具体例として、YouTubeで実際にあるチャンネル名も見ながら、チェックしていきましょう。

固有名詞のチャンネル名

YouTubeでは顔出しすることも多いので、固有名詞をチャンネル名として、ダイレクトに顔と名前を覚えてもらうというアピール方法があります。

本名でもニックネームでも、名前を呼ぶことで「親しみが湧く」というメリットも期待できるでしょう。

固有名詞をチャンネル名としている具体例としては、

  • HikakinTV
  • はじめしゃちょー
  • もちまる日記
  • 瀬戸弘司
  • 金子晃之

など、固有名詞をそのまま、または、固有名詞+別のワードでアピールしているチャンネルも多く見られます。

個人名の表示などで、さらに情報の信頼性も高まります。また、顔だけでなく名前も一緒にアピールできれば、どちらか一方だけの情報より、ずっと印象に残りやすいはずです。

ジャンルがわかるチャンネル名

どんなジャンルのチャンネルなのか「チャンネル名を見ればわかる」というのも良いアピールになります。

ジャンルをアピールするチャンネル名の具体例としては、

  • Webの神様
  • おうちごっこ
  • 税理士YouTuberチャンネル!! / ヒロ税理士
  • 肉屋が教える肉料理 / YASU’s KITCHEN
  • 40代からの動ける体チャンネル

など、そのジャンルに興味がある人が目にすることで、気持ちを持っていかれるようなネーミングがあります。

YouTubeでは、タイトルやサムネイルがアピールのメインになりますが、こういったチャンネル名があると、さらにプラスのアピール要素として働いてくれそうですね。

独自ワードを使ったチャンネル名

他には無い、独自ワードをチャンネル名にするのもおすすめ。

なぜなら、検索でライバルがいないから。

YouTube検索だけでなくGoogle検索でも、検索結果がそのチャンネルだけ、となれば見つけやすいですよね。検索で見つけやすいのはとても大事な要素。そのためには覚えやすさも意識しましょう。

独自ワードによるチャンネル名の具体例としては、

  • コムドット
  • スロパチステーション
  • スーツ交通
  • ごみくずニートの人生
  • ゴラクバ!

など、唯一無二のチャンネル名があります。

実際に、GoogleやYouTubeで検索してみてください。「検索でのライバルがいない」というのがわかります。

言葉を組み合わせたり、語順を替えてみたりといった工夫で生み出されたチャンネル名、ちょっとおもしろくて、印象に残りやすいのではないでしょうか。

個性のアピールになるチャンネル名

それぞれの個性をアピールするようなチャンネル名だと、共通する個性を持つ人からの興味を引きやすくなります。

個性をプラスすることで、より深く人物像が見えて親しみも感じやすいですよね。

個性のアピール要素をプラスしたチャンネル名の具体例としては、

  • 美容マニアハウス
  • 食べて痩せる料理男子
  • 飽き性主婦ゆいママの人気副業チャレンジ日記
  • ジムニーおばちゃんのローカルライフ
  • オタク会計士ch【山田真哉】少しだけお金で得する

など、その人物自体に興味を持ってしまいそうな、そんなチャンネル名も多く見られます。

ここまで「YouTubeチャンネル名の決め方|4つのヒント」を見てきました。YouTubeでランダムに検索して見つけてきたチャンネル名ですが、それぞれによく考えられていますよね。

これらをヒントに、アピール要素がプラスされた、視聴者が親しみを感じやすいような、覚えやすいチャンネル名を考えてみてください。

続いて、チャンネル名を決める際のポイントについても見ていきましょう。

YouTubeチャンネル名の決め方5つの大事なポイント

YouTubeチャンネル名の決め方5つの大事なポイント

良いチャンネル名を付けるためには、いろいろと検討することが必要ですが、いくつかの大事なポイントというのがあります。それは、

  • 読みやすい
  • 覚えやすい
  • キーワード
  • 検索しやすい
  • 差別化

これら5つのポイントです。

読みやすいチャンネル名

YouTubeのチャンネル名は、読みやすい方が良いですよね。

読めない漢字や英字の羅列など、チャンネル名がサッと言葉で出てこないようだと視聴者にも響きません。口コミであれこれのチャンネルと伝えたいのに、チャンネル名が出てこないなんてもったいない。

単純明快、読みやすさを意識しましょう。

覚えやすいチャンネル名

覚えやすいチャンネル名ってありますよね。

一回聞いたら忘れないような、例えば、ゴロが良いとか、インパクトがあるとか。

難しい言葉でなくシンプルな言葉を使うなど、工夫をすると良いでしょう。

キーワードを取り入れたチャンネル名

ジャンルやターゲットを取り込みやすいキーワードというのがあります。

動画のタイトルや説明文でも意識した方が良い部分ですが、チャンネル名でも大事です。

YouTubeのタイトル文字数のベストは?アクセス増を狙うコツ
YouTubeにアップした動画を見てもらうには、サムネイルやタイトルがとても大事ですよね。 あなたは、視聴者が思わずクリックしたくなるようなタイトルを付けられていますか。 こちらのページでは、タイトルの文字数から、アクセス増を狙...

チャンネルの対象となるターゲットがどんな言葉に引かれるか、しっかりとリサーチしてみれば、意外な言葉が見つかるかもしれません。キーワードを入れることで、検索による露出が増える可能性も高まります。

検索しやすいチャンネル名

検索しやすいチャンネル名というのも大事です。「あの人のチャンネルを見たいのに、チャンネル名思い出せない!」なんてことがあればもったいないですよね。

検索で埋もれてしまわないように、被らないチャンネル名というのも意識したいところです。

https://youtubers.shop/blog/youtube-setting-operation/not-appear-in-yo…be-channel-seach/

差別化ができるチャンネル名

最初にお伝えしたチャンネル名の付け方の4つのヒントなどを参考に、独自のアピールをすれば、多チャンネルとの差別化ができます。

画像と言葉を組み合わせると、頭に入りやすいですよね。YouTubeの動画を見るということは、合わせてチャンネル名も覚えやすい状況にあります。

せっかくですから、他と差別化できるチャンネル名で独自性を出して、しっかり覚えてもらいましょう。

YouTubeチャンネル名の決め方|後悔しないための注意点

YouTubeチャンネル名の決め方|後悔しないための注意点

YouTubeのチャンネル名を付ける際は、自分の気持ちというのも大事です。

チャンネルを継続していくのに、気に入らないチャンネル名ではモチベーションも続きません。

動画タイトルは1つのコンテンツだけのものですが、チャンネル名はお店の看板のようなものであり、ずっと付き合っていくもの。それが気に入らないのでは、チャンネルにとってもマイナスでしかないでしょう。

動画内でチャンネル名を言うにも、言いやすいリズムというのがあります。文字だけでチャンネル名を決めてしまえば、後悔するかもしれません。

チャンネル名を伝える時に、いいネーミングだな、と思えるようなチャンネル名を考えたいですね。

タイトルとURLをコピーしました