YouTubeのチャンネルが検索で出てこない!サクッと見つける方法

YouTubeのチャンネルが検索で出てこない YouTube設定・操作

YouTubeでチャネルを作成、動画をアップロードしたからみんなに見てほしい!

そんなとき、チャンネル名で検索しても出てこない、全然見つからない!なんて困ってしまいますよね。

こちらのページでは、YouTubeのチャンネル検索で出てこない場合の探し方から、なぜ検索で出てこないのか、その理由まで詳しくご紹介します。

YouTubeのチャンネルが検索で出てこない場合の探し方

YouTubeでは、見たい動画を探すための検索ができます。もちろん、チャンネル名での検索も可能。

前提として、チャンネルに動画がアップロードされている必要があります。動画アップロードがゼロの状態では、検索結果として表示されません。

ただ、動画をアップロードしていても、YouTube検索で該当するチャンネルが出てこない可能性もあります。

そんな時は、検索フィルタを活用してみましょう。見つかる可能性がグンと高まります。

まず、YouTubeの検索窓に、チャンネル名を入力して検索します。例として、「チャンネル名」と検索してみました。

YouTubeの検索窓に、チャンネル名を入力して検索

 

すると、タイトルに「チャンネル名」と入っている動画コンテンテツがずらりと表示されました。

検索結果を見てみると、たまにチャンネルも出てきますが、ほぼ動画コンテンツに埋もれてしまっています。

こんな時こそ、検索フィルタを活用しましょう。

検索をすると、検索窓のすぐ下に「フィルタ」というのが表示されますので、これをクリックすると、以下のようなメニューが表示されます。この中から「チャンネル」を選択すると、チャンネル名のみを対象として検索結果が表示されます。

検索窓のすぐ下に表示される「フィルタ」をクリックすると展開するメニュー

 

フィルタで「チャンネル」を指定すると、以下のように検索結果がチャンネルのみに変わりました。

フィルタで「チャンネル」選択した場合の検索結果

 

チャンネルに限定したので、かなり探しやすくなるはずです。それでも見つからない場合は、並べ替えをしてみましょう。

「チャンネル」でフィルタ検索した場合、フィルタの一番右側の列で並べ替えができます。

「チャンネル」でフィルタ検索した場合、フィルタの一番右側の列で並べ替えができる

  • 関連度順
  • アップロード日
  • 視聴回数
  • 評価

アップロードして間もないチャンネルなら、アップロード日や視聴回数で並べ替えをすると検索結果に表示されやすくなります。

YouTubeのチャンネルIDで検索する方法

YouTubeのチャンネルが、検索フィルタをかけても見つからない場合、チャンネルIDで検索する方法もあります。

チャンネルIDであれば、他と被ることがありませんので、確実に検索結果が表示されます。ただし、この方法でも動画をアップロードしていないと表示されません。

では、チャンネルIDの確認方法を見ていきましょう。YouTubeにログインして、右上の自分のアイコンをクリック、表示されたメニューから[設定]で進みます。

YouTubeにログインして、右上の自分のアイコンをクリック、さらに[設定]メニューをクリック

次に、画面右側に表示されたメニューから[詳細設定]をクリックすると、以下のようにチャンネルIDが表示されます。ここでIDの右側の[コピー]をクリックすると、IDがクリップボードにコピーされます。

[詳細設定]クリックで表示されるチャンネルID

チャンネルIDを、YouTubeの検索窓にそのままペーストして検索すれば、チャンネルが表示されます。

YouTubeのチャンネル検索で出てこない理由

YouTubeでチャンネルを検索しても出てこないのには、理由があります。

YouTubeヘルプでは、

  • 動画のタイトルの多くにチャンネル名が含まれている
  • よくあるチャンネル名
  • YouTubeチャンネルがまだ新しい
  • チャンネル名がすべての視聴者にふさわしいとはいえない

こうしたチャンネル名は、検索結果の上位に表示されない可能性があると記載されています。

YouTube検索では、検索結果の対象として、

  • 動画
  • チャンネル
  • 再生リスト
  • 配信リスト

などが全て含まれます。そのため、検索結果でも埋もれやすいのです。

例えば「Hikakin TV」で検索すれば、「Hikakin TV」のチャンネルが一番上に表示されますが、これはあの有名な「Hikakin TV」だから。

開設間もないチャンネルで、他にもありそうなチャンネル名であれば、検索してもすぐには見つからないでしょう。

YouTubeチャンネル名の決め方|アピール上手4つのヒントと具体例
YouTubeのチャンネル名、どうしたらいいのか迷いますよね。 チャンネル名は、言わばお店の看板となるもの。これを安易に決めてしまうと後悔することになります。 こちらのページでは、YouTubeチャンネル名の決め方や、失敗しない...

動画のタイトルの多くにチャンネル名が含まれている

先程、例として検索した「チャンネル名」というチャンネル名で検索した場合。ちょっと紛らわしいですが。

たしかに、動画のタイトルにも「チャンネル名」と含まれるコンテンツは非常に多く、通常の検索結果では、ほぼ動画ばかりが表示されました。

チャンネル名として被りやすいもの、さらに動画コンテンツのタイトルでもよく使われるようなワードだと、検索結果で見つけにくいというのがよくわかりますね。

よくあるチャンネル名

よくあるチャンネル名というのも、検索結果として表示されにくくなります。

例えば「YouTuber」のチャンネル名も多く、検索すると果てしなく表示されます。

そういった状況では、フィルタをかけても見つけ出すのは大変です。

YouTubeチャンネルがまだ新しい

YouTubeチャンネルを作成して動画をアップロードしても、すぐに検索エンジンに認識してもらえるわけではありません。数日かかることもあります。

この場合は、検索結果として反映されるまで待ってみましょう。

チャンネル名がすべての視聴者にふさわしいとはいえない

この項目については、ヘルプでも詳しく解説されていないのですが、年齢制限の対象となるようなチャンネル名であれば、検索結果として上位に表示されにくいといったことでしょう。

チャンネル名で検索することを考えれば、検索で見つけやすい、他と被らないチャンネル名を付けることも大事ですね。

チャンネル名を覚えてもらうことも、ファンになってもらう1つの要素。

チャンネル名を覚えてもらえば、チャンネル名で検索、リピート視聴してもらえたり、口コミで広まったり、チャンネルにとってプラスになります。

YouTubeのチャンネル名と検索

YouTubeチャンネルが検索で出てこない場合の対処法など解説しましたが、チャンネル名の付け方の参考にもなったのではないでしょうか。

チャンネル名を覚えてもらえば、チャンスも増えます。視聴されるチャンスが増えれば、チャンネルも成長し、自然とチャンネル登録や再生時間も伸びていくでしょう。

チャンネル名は後から変更するとなると、リスクが高いですから、開設当初に十分に検討して決めたいですね。

動画タイトルや説明文でも検索ニーズを意識することが大事ですが、チャンネル名も検索しやすいように工夫しておくことで、後々プラスになるはずです。

タイトルとURLをコピーしました