YouTubeのエラーと原因|動画再生できないときの対処法まるわかり

YouTubeのエラーと原因|動画再生できないときの対処法まるわかり YouTube設定・操作
チャンネル再生時間

✔ご注文は1000時間〜
✔長い動画は不要
✔納品3週間
✔ツール未使用
✔ペナルティ報告なし
✔納品後の再生時間の減少報告なし
✔万が一の30日間の減少保証あり
✔登録者数とのセット購入がお得

いつでも無料で動画を楽しめるYouTubeで、動画の再生、視聴ができない!なんてことになると困ってしまいますよね。

このページでは、YouTubeのエラーの原因やその対処法について詳しくわかりやすく解説します。

YouTubeのエラーをサクッと解消して、動画コンテンツを楽しみましょう。

YouTubeのエラーと原因

YouTubeで発生するエラーといっても、いくつもの種類がありますよね。

YouTubeの動画再生でエラーが発生する場合、おおまかに以下の4つの原因が考えられます。

  • インターネット回線や接続の問題
  • デバイスの問題
  • YouTubeアプリの問題
  • YouTubeによる問題

まずはYouTubeでエラーが発生する原因を把握して対処する必要があります。各種エラーの原因を詳しく見ていきましょう。

インターネット回線や接続の問題

YouTubeのエラーがインターネットの問題で発生している場合は、

  • 接続環境の問題
  • プロバイダ等の通信障害
  • Wi-Fiなど回線速度の問題
  • データ量の通信制限

といった理由が挙げられます。

デバイスの問題

YouTubeのエラーの原因デバイスにある場合は、

  • 空き容量がない
  • デバイスの性能の問題
  • OSの最新アップデートがされていない

などの理由が挙げられます。

YouTubeアプリの問題

YouTubeのエラーの原因がアプリにある場合は、アプリのバージョンが古いことが考えられます。

1度デバイスからアプリを削除して、新しくインストールしなおしてみてもいいでしょう。

YouTubeによる問題

YouTubeエラーは、YouTubeによる問題で発生することもあります。

例えば

  • YouTube自体のシステムエラー
  • 動画が削除された
  • アカウント削除や利用制限

などの事例が挙げられるでしょう。

続いて、こうしたエラーが発生した場合の対処法について解説します。

YouTubeでエラーが発生したときの対処法

スマホアプリでの視聴、PCでの視聴、スマートフォンでWebページから視聴する場合など、YouTubeの動画コンテンツを見る方法はいくつもあります。

YouTubeでエラーが発生した場合、YouTubeを視聴しているデバイスに応じて対処法が若干変わりますが、やることはほぼ同じです。

エラー対処の基本となるのは、エラーの原因がどこにあるのかを見極めて方法を選択すること

具体的には、以下のような対処法があります。

  • 別のデバイスやブラウザで再生してみる
  • 再起動してみる
  • インターネット環境をチェック
  • スマートフォン環境のチェック
  • PC環境のチェック
  • キャッシュを削除する

それぞれ詳しく解説します。

別のデバイスやブラウザで再生してみる

スマートフォンやPCでYouTubeエラーが発生した場合、可能であれば同じ環境で、他のデバイスでの再生が可能か確認してみましょう。

スマートフォンやPC、いずれかのデバイスでのみエラーが出る場合は、それぞれのデバイスに問題がありますし、他の端末でも同様のエラーが出れば、インターネットやYouTube側での問題発生の可能性があるとわかります。

YouTube視聴に必要なPCのスペックやメモリ、OSなどのシステム要件があるので確認しておきましょう。

例えば2022年9月現在では、PCのOSに「Windows 7 以降」「Mac OS X 10.7 以降」の要件があります。

YouTubeヘルプ「システム要件」

特定のデバイスに問題がある場合は、デバイスの再起動などが有効です。

再起動してみる

再起動前にブラウザのページで更新マークをクリックすれば、エラーが解消することもありますので、まずはページ更新を試してみてください。

ブラウザの更新ボタン

 

ページ更新してもエラーが出る場合は、デバイスを再起動してみましょう。

デバイスやアプリ、ブラウザなど、それぞれを再起動することでエラーが解消することもあります。

再起動とは、1度電源を落としたり、ページを閉じたりして、再び起動させることです。PCならシャットダウンメニューに「再起動」がありますね。

スマートフォンであれば電源の入れ直しが再起動になります。

スマホアプリの再起動方法については、以下のリンクから確認してください。

iOSアプリの再起動方法
Androidアプリの再起動方法

インターネット環境をチェック

インターネット環境に問題がある場合は、以下の問題がないかチェックして対処しましょう。

  • 接続環境の問題
  • Wi-Fiなど回線速度の問題
  • プロバイダ等の通信障害
  • データ量の通信制限

配線接続等が外れていれば正しくつなぎ直し、Wi-Fiの速度が遅いなら別のプロバイダを検討する必要がありますね。

プロバイダの通信障害は、復旧を待つしかありません。

データ量の通信制限でエラーになる場合は、Wi-Fi環境で視聴すれば問題は解決するはず。

通信設定については、デバイスの設定を確認します。スマートフォンならモバイルデータ通信で視聴できる状態になっているか、Wi-Fi環境があるならば、その設定ができているかチェックしてみてください。

モバイルデータ通信の場合のみエラーが発生する場合は、通信制限のほか通信障害の可能性もありますし、Wi-Fiのみでエラーになる場合はWi-Fiの接続のトラブルが考えられます。

Wi-Fiに問題がある場合は、Wi-Fiルーターの電源の抜き差しでエラーが解消することもあるので試してみましょう。

Wi-Fi環境下で、どの端末でもエラーが発生する場合は、Wi-Fiの接続や速度、通信制限等の問題があることも。

動画を快適に視聴するためには、速度も重要です。4KやフルHDなど高解像度の画像で動画を楽しむためには、それに応じた速度の出せるデバイスはもちろん、Wi-Fi環境も必要。YouTubeでは、解像度ごとの通信速度を以下のよう推奨しています。

YouTube視聴で推奨される通信速度

回線のスピードがそれほど遅くなくても、1つの回線で多數のデバイスを接続している場合や時間帯によって、Wi-Fiの速度が遅くなることも

回線スピードが遅くてエラーになる場合は、画質を下げて再生する方法も試してみるといいでしょう。

スマートフォン環境のチェック

スマートフォンの環境としては、以下の内容をチェックします。

  • OSが最新バージョンに更新されているか
  • 機内モードになっていないか

OSとは、端末を動かすためのシステムソフトウェアのことで、iPhoneなら「iOS」、Android端末なら「Android」の更新のことです。

OSをアップデートしていないと、不具合が生じることもあります。最新バージョンを確認して、古いようなら更新しましょう

YouTubeヘルプ「YouTubeアプリを更新する」

スマートフォンを機内モードにすると、モバイル通信でもWi-Fiでも通信オフの状態になります。

スマートフォンの画面上に飛行機のアイコンが表示されている場合は、機内モードオンになっています。YouTube動画を再生するときは機内モードをオフ、または機内モードオフの状態でもWi-Fiをオンにしてください。

PC環境のチェック

PC環境については、以下の項目をチェックしてみましょう。

  • PCのスペック
  • ブラウザのバージョン
  • Chrome拡機能「YouTube Flash Video Player 57.0」の有無

動画再生は処理するデータ容量が大きく、PCのOSが古かったり、スペックが低かったりすると、動画再生がうまくいかないこともあります。

ブラウザでたくさんのタブを開いていると、パソコンのスペックによっては動作が重くなります。

YouTubeの動画視聴はデータ容量も大きいので、できるだけPCの負担を減らすように、余計なタブはすべて閉じましょう。

YouTubeの動画を視聴するためには、最低限以下の環境が必要です。

  • Windows7以降
  • Mac OS X10.7以降
  • 1 Mbps 以上のインターネット接続
  • 最新バージョンのブラウザ「Google Chrome」「Firefox」「MS Edge」「Safari」

ブラウザのバージョンも影響しますので、最新バージョンになっているか、それぞれのブラウザで確認してください。

ブラウザによってエラーが生じることもあるので、異なるブラウザで試すのもおすすめです。

Google Chromeのブラウザを利用してYouTube動画を視聴する場合で、Chrome拡張機能「YouTube Flash Video Player 57.0」をダウンロード、有効化しているときは、YouTubeの再生で不具合を起こすことがあります。「YouTube Flash Video Player 57.0」を無効化、または拡張機能自体を削除しましょう。

キャッシュを削除する

ブラウザのキャッシュが蓄積されると、デバイスの動作が遅くなります。

キャッシュクリアすれば、動作が軽くなりエラーも出なくなることがあるので、試してみてください。

YouTubeヘルプ「キャッシュとCookieの消去」

YouTubeのエラー原因を突き止めて正しく対処しよう

YouTubeでエラーが発生するときは、まず複数のデバイスや違った環境で再生してみて、エラー原因を突き止めましょう。

エラー原因がわかれば、デバイスの再起動やアップデート、画面の更新、キャッシュのクリアなど対処法も限られてくるはずです。

エラーをすっきり素早く解除して、動画コンテンツを楽しみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました