YouTubeのアイコンと著作権|安心して使うために知っておきたいこと

YouTubeのアイコンと著作権 YouTube規約
チャンネル再生時間

✔ご注文は1000時間〜
✔長い動画は不要
✔納品3週間
✔ツール未使用
✔ペナルティ報告なし
✔納品後の再生時間の減少報告なし
✔万が一の30日間の減少保証あり
✔登録者数とのセット購入がお得

「YouTubeのアイコンどうしよう?」

顔出しせずにチャンネルを作成する場合、アイコンをどうするか悩みますよね。

アイコンにちょうどいいような素材が無いから、ネット上で見つけた好みの画像をコピペして使う、こんなことしていませんか?

インターネットで公開されていても、その画像やイラストには「著作権」があるかもしれません。

こちらのページでは、YouTubeのアイコン選びと著作権について詳しく解説します。

リスクを回避して、安全にYouTubeチャンネルを育てていきましょう。

YouTubeのアイコンと著作権

YouTubeのアイコンと著作権

誰かが撮影した画像や作成したイラストには、著作権があり、無断で使用すると著作権侵害となり、最悪の場合、損害賠償請求をされる可能性もあります。

著作物というのは、人が創意工夫して思想や感情を表現した作品等を指し、その作者を著作者と言います。

著作権というのは、これら著作物や著作者の権利を守るための法律「著作権法」によって定められています。

著作権法

著作権を無視してアイコンに利用している方もいますが、安全性を考えるならやめておきましょう。

みんながやっているから大丈夫、という保証はありません。特に、YouTubeで収益化を目指している場合は避けるべきです。

なぜなら、営利目的での著作物利用は、全面的に著作権者の承諾や、著作物利用のための支払いが必要となるからです。

無断で利用すれば、著作権法違反で訴えられる可能性もゼロではないのです。

そのようなリスクを犯すより、自分だけのオリジナルなアイコンで視聴者の方に覚えてもらいたいですよね。

YouTubeのアイコンとして使えない著作物ってどんなもの?

YouTubeのアイコンとして使えない著作物

YouTubeのアイコンで著作権侵害を回避するためには「無断で他人の素材を利用しない」ということが第一です。

YouTubeアイコンで著作権違反となるケース事例

例えば、YouTubeのアイコンとして、

  • 他人が作成したイラスト
  • 他人が撮影した画像
  • アニメや漫画などのキャラクター画像

などを使用している方もいますが、著作権者の許可を得ず掲載している場合は、著作権侵害にあたりますので、好きだから、みんながやっているから、と安易に取り入れるのはやめておきましょう。

YouTubeアイコンで著作権侵害とならない方法は?

YouTubeアイコンで、著作権侵害とならないものと言えば、

  • 自分の写真
  • 自分が作成したオリジナルのイラスト
  • 使用を許可された画像やイラスト

などの素材で、これらは安心して利用することができます。

自分で描いたオリジナルのイラストや、自身の顔写真であれば、誰に迷惑を掛けることもありませんよね。

顔出しNGでも動画の内容に合わせて、使用する道具などをアイコンにするといった方法もあるでしょう。

DIYジャンルであれば工具、料理ジャンルならフライパンや食材、音楽系ならギターなどなど、関連するものの画像で工夫してみてもいいですね。

使用を許可された画像やイラストというのは、例えば、

  • フリー素材サイトのイラストや画像
  • 対価を支払うことで利用できる素材

といったものがあります。

顔出しNGの場合や、自分でイラストなんか書けない!という場合は、こうした方法をチェックしてみてください。

ただし、フリー素材の利用では、それぞれのルールがあることも覚えておきましょう。

YouTubeアイコンに安心して使える素材はコレ

YouTubeアイコンに安心して使える素材

では、フリー素材サイトなど、どんなものがあるのか具体的にチェックしていきましょう。ここでは、商用利用OKのサイトのみ、厳選してご紹介します。

YouTubeアイコンに使えるフリー素材

フリー素材サイトは、いろいろありますが、イラスト素材・写真素材と種類が分かれます。

フリーイラスト素材

フリーのイラスト素材といえば、

などのサイトがあります。

いずれもクレジット表記不要、商用利用可能となっています。ただし、それぞれ利用規約がありますので、随時確認しておくとより安心です。

フリー写真素材

フリーの写真素材では、

などのサイトがあります。

こちらもクレジット表記不要、商用利用可能ですが、写真の場合はモデルさんの画像を自分の画像としてプロフィールに載せるといった行為はNGとなります。こちらも利用規約を確認しておきましょう。

YouTubeアイコンをイラストレーターに依頼

「自分でイラストを描くことはできない、でも自分だけのオリジナルアイコンが欲しい!」という場合は、イラストレーターさんに依頼してみてはいかがでしょうか。

例えば、自分の写真を見せて、それを元にイラストを書いてもらうといったことも可能です。

では、イラストの依頼はどうすればいいのか?手軽にオーダーできる手段として、例えば、

などのクラウドソーシングを利用するという方法があります。

「デザイン」「イラスト」などのカテゴリーで検索すると、様々な価格帯で出品されていますので、イメージに合った画像を選び、相談してみましょう。

クラウドソーシング利用の場合も、出品者ごとに著作権の記載や使用可能な範囲など、詳しく記載がありますので、相談の際は事前に確認してください。

YouTubeアイコンでは肖像権にも要注意

YouTubeアイコンでは肖像権にも要注意

ここまで著作権について解説してきましたが、併せて「肖像権」についても把握しておきましょう。

肖像権というのは、勝手に人の画像を撮影したり、その画像を公表されないよう主張することができる、全ての人に与えられている権利です。

具体的には、個人のプライバシーを守ったり、芸能人などの利益・財産価値を守ったりといったことを目的としています。

肖像権侵害によっても、損害賠償を求められることがあります。

好きな芸能人の顔写真をプロフィールに入れているチャンネルなどもよく見かけますが、これは肖像権侵害に該当するのです。みんながやっていると安全と思いがちですが、NG行為なので注意しましょう。

YouTubeの著作権回避|みんながやっているから大丈夫は危険!
動画投稿と著作権、これは切り離すことのできない大事なポイント。 YouTubeで動画を投稿するなら、著作権についても知っておかないと後悔することになります。 いざ収益化しようとしたら、著作権のポリシー違反でできなかった!なんてこ...

YouTubeのアイコンは安全なオリジナルで

YouTubeのアイコンは安全なオリジナルで

YouTubeのアイコンも、チャンネルの1つのアピールポイントになります。

チャンネル名など文字情報だけより、個性的なアイコンと一緒になることで、イメージとして印象が残りやすくなるでしょう。

アイコンを見ることで「あ、あのチャンネルだ!」なんて覚えてもらえると嬉しいですよね。

誰かの画像やイラストで、オリジナリティの無いものを採用するより、独自のカラーをしっかりと出していく方がチャンネルにとってもプラスになるはず。

オリジナリティのあるアイコンを参考にしながら、自分独自のアイコンでアピールし、チャンネルをバッチリ覚えてもらいましょう。

YouTubeのサムネの文字効果|クリック率アップを狙え!
YouTubeのサムネ文字、動画を見てもらうためにもとても大事な要素ですよね。 「サムネイル作りをがんばってるのにどうにも反応が悪い」なんて悩んでいませんか。 こちらのページでは、YouTubeでのサムネイルの文字効果や設定時の...
タイトルとURLをコピーしました