動画編集でフリーランスになれるのか?安定収入は期待できる?

動画編集でフリーランスになるために必要なこと 動画編集

動画編集でフリーランスを目指したい!そんな希望があっても、実際に動画編集をマスターして独立、安定収入を得ることができるのか。現実的に可能かどうか不安もあるでしょう。

こちらのページでは、動画編集でフリーランスになれるのかについて、必須となるポイントなど詳しく解説します。

あなたの夢を実現するために欠かせないものは何か、チェックしていきましょう。

動画編集でフリーランスになれる?

動画編集でフリーランスになる方法

動画編集でフリーランスになることは可能です。実際、動画編集フリーランスとして活躍している方はたくさんいます。

動画編集の仕事は、最低限PCと動画編集ソフトさえあれば取り組めるという手軽さもあり、チャレンジする方も多いのです。

ただこれは「ライバルが多い」ということでもあり、現実として動画編集フリーランスで誰もが成功しているわけではありません。

本気で動画編集フリーランスを目指すなら、ライバルを勝ち抜いて案件を獲得しなければなりません。どのように勝ち抜くか、戦略も必要です。

では、動画編集フリーランスになるために必要なスキルから見ていきましょう。

動画編集フリーランスになるために必要なスキル

動画編集フリーランスになるために必要なスキル

動画編集フリーランスになるために最低限必要なのは、

  • 動画編集ソフト操作
  • 動画編集加工
  • 音声挿入
  • コミュニケーション

といったスキルです。

動画編集ソフト操作スキル

動画編集ソフトの操作スキルは必須です。メインとなる動画編集ソフトの他、プラスαとしてPhotoshopやIllustratorなどのソフトも扱えると良いでしょう。

動画編集ソフトというと、プロ動画編集クリエイターの定番「Adobe Premiere Pro」を始めとし、

など様々な動画編集ソフトがあります。

例えば「Adobe Premiere Elements」は「Adobe Premiere Pro」の初心者向け簡易版です。レベルに合わせてチョイスすると良いでしょう。

ただし、動画編集を仕事として実践していくならプロ仕様の「Adobe Premiere Pro」がおすすめです。

「Adobe Premiere Pro」であれば、動画編集でニーズの高いAfter EffectsやPhotoshop、Illustratorなどとも連携しやすいのがメリット。Adobeコンプリートプランを利用すれば、これらのソフトがまとめてお得に利用できます。

動画編集加工スキル

YouTubeの動画編集では、

  • カット
  • 映像加工
  • テロップ挿入

などの作業スキルが必須です。

動画全体の雰囲気、センス、見やすさ、最後まで飽きさせない編集力などが求められる部分です。

これらの作業をスピーディかつ的確にこなせるようになれば、安定した収入を得ることも可能でしょう。

音声挿入スキル

YouTubeの動画編集では、BGMや効果音、ナレーションなど音声挿入が欠かせません。

動画の雰囲気やテイストに合った音声は動画全体を演出するため、センスも重要ですね。

コミュニケーションスキル

動画編集を依頼されることになれば、クライアントからの意向や悩み、どのように編集して欲しいかといったニーズをしっかり汲み取らなければなりません。

相手は基本的に忙しくて外注するのであって、相手の負担を増やしていては仕事継続も難しいでしょう。技術力がないために外注するなら知識や経験豊富なクリエイターを求めています。

そのためクライアント対応では、相手の負担を増やさないよう配慮しつつ、しっかりと要望を聞き出したり確認したりといったコミュニケーションスキルも必要です。

動画編集フリーランスになるために欠かせないこと

動画編集フリーランスになるために欠かせないこと

動画編集フリーランスになるためにスキル以外で欠かせないことがあります。

それは、動画編集に関する実績や経験です。

技術スキルはマスターした、でも実績が無いとなると仕事を獲得するのは難しいでしょう。

動画編集でフリーランスを目指すのであれば、とにかく最初は実績を積みむことが欠かせないのです。

実績を積むには、

  • 自分でYouTubeチャンネルを解説運営する
  • 格安案件をこなして実績を作る
  • 就職や業務委託等で実績を作る

などの方法があります。

自分でYouTubeチャンネルを解説運営する

可能であれば、自分で動画を作成編集して、YouTubeチャンネルを立ち上げるといいですね。

自分で0から実践すれば、よりクライアントの気持ちを理解しやすくなり、コミュニケーションにも役立つはず。

さらに

  • YouTubeチャンネルがそのままポートフォリオになる
  • チャンネルを収益化できれば収入になる
  • チャンネルからの仕事依頼

といったメリットを得られ、フリーランスとしての可能性も広がります。

格安案件をこなして実績を作る

動画編集のスキルはあるのに実績が無い、という場合は、格安案件でもこなして実績を増やしましょう。

とにかく案件が欲しいなら、

  • 知人や友人
  • クラウドソーシングやスキルシェアサイト
  • SNS

などの方法があります。

知人や友人

身近な人で動画編集を希望している人がいれば、無料や格安で引き受け、ついでにポートフォリオとして紹介させてもらえないか頼んでみるといいでしょう。

クラウドソーシングやスキルシェアサイト

身近な人で見つからなければ、クラウドソーシングやスキルシェアサイトがあります。

など、フリーで仕事を受けたいクリエイターとオーダーしたいクライアントをマッチングしてくれるサービスがあります。

単価が安いものも多いですが、経験を積むためにトライしてみてください。

ただし、こういったサービスでは、ライバルも多いので、とにかく数多く提案することです。

多数の案件に提案するなら提案文を書くのも大変ですが、今後フリーランスとして動画編集をやっていくなら、自分をアピールするための文章作成というスキルも大事。練習と捉えて都度改善しながら提案していきましょう。今後必ず役に立ちます。

SNS

SNSであなたのスキル紹介を兼ねてアピールしてもいいでしょう。

すでにアピールをしている動画編集クリエイターもいるので、参考にしてみてもいいですね。思わぬところから依頼に繋がる出会いがあるかも。

ちなみに、ツイッターなどで「#動画編集者募集」などで検索すると、様々な案件が見つかります。そういった案件にポートフォリオを示すことができるようになるまで、コツコツ地道な努力を重ねるのみです。

就職や業務委託等で実績を作る

フリーランスになるための修行の場として、1~2年の就職や業務委託等、現場での経験を積むという方法もあります。

独学で動画編集の技術をマスターできても、現場でのやりとりなど実践してみないとわからないことがあるものです。

動画製作会社や広告代理店などで動画編集者として働くことができれば、個人レベルではあり得ない大きなプロジェクトに関わるチャンスもやってきます。

この経験をするかしないかで、あなたの未来の価値も変わってくるでしょう。

動画編集経験をポートフォリオに

動画編集の実績を示すポートフォリオ

動画編集の経験で実績を積むことができたら、ポートフォリオを作成してあなたの技術力をアピールしましょう。

動画編集オンリーではなく、YouTubeであれば

  • サムネイル作成
  • 動画をアピールするキャッチコピー
  • YouTubeでの操作やガイドライン
  • 企画力や提案力

などの相談にも応じることができれば、ライバルとの差別化にもなります。

動画編集フリーランスで安定収入は期待できる?

YouTube動画編集フリーランスで期待できる収入

動画編集でフリーランスとなり、安定収入を得ている方もいます。

ただし、現在は動画編集クリエイターのライバルは少なくありません。

それを踏まえて、差別化を図りつつ案件を獲得・継続することができなければ、安定した収入を得るのは難しいと言えるでしょう。

フリーランスは自由なスタイルで仕事ができるのがメリットですが、営業面や金銭的な面についても全て自分で管理する必要があります。

大切なのは動画編集の実績を積み、アピール材料としてポートフォリオやYouTubeチャンネルなどを作成すること。

アピール材料を武器に案件を多く獲得できるようになれば、リピーターや紹介でさらに仕事をもらえる可能性も出てくるはず。

未経験からフリーランスを目指すなら、まずは副業からスタートして経験を積むことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました