動画説明文にこそ力を注げ!YouTubeの集客へ十二分に生かす方法

YouTube動画説明文に力を注げ 再生回数を伸ばす

YouTubeの動画で「リンクは概要欄に貼っています」なんてよく耳にしますよね。この概要欄というのが、「動画説明文」のこと。

この動画説明文をあまり活用していないチャンネルもありますが、これすごくもったいないんです。

今回は、この動画説明文の効果や役割、チャンネルを成長させるための活用法まで、まとめてご紹介します。

まだ動画説明文を活用していないあなたも、この活用法をマスターすれば、再生数を伸ばすきっかけになる可能性大。早速内容を見ていきましょう。

YouTubeの動画説明文に力を注ぐべき理由

YouTubeの動画説明文の重要性

YouTubeの動画説明文、いわゆる概要欄に記載する内容、これはとても重要です。

YouTubeの動画説明文がなぜ重要か

なぜなら、動画の情報を機械的に知らせる要素のひとつだから。

YouTubeの動画を探すとき、多くの人は検索や関連動画で表示されたものをクリックして視聴しますよね。この際、何をきっかけとして検索結果が表示されるかというと、タイトルや動画説明文に散りばめられたキーワードが効果を発揮しているのです。

GoogleやYouTube検索でキーワード検索することってありますよね。

例えば、トマトの簡単レシピを紹介する動画を見たければ、「トマト 簡単 レシピ」などと入力して探すのではないでしょうか。

このような検索に対して、GoogleやYouTubeが該当する検索結果を表示させます。その検索表示に引っかかるためには、YouTubeのアルゴリズムに認識してもらう必要があります。

タイトルや動画説明文などで「この動画は◯◯についての内容である」ということを文字情報に入れて伝えなければ、認識もしてもらえないというわけです。

動画コンテンツの存在をアピールするためにも、その周辺に配置する文字情報が欠かせないのはこうした理由から。キーワードが無ければ、検索結果にも表示されるチャンスを掴むこともできません。

だから動画説明文は重要なのです。

視聴者に「プラスαの快適」を与えてくれる動画説明文

動画というのは、再生して全て見ないと詳細内容を把握できません。それに対して、文字情報はパッと全体を見渡せば、なんとなくでもどんなことが書いてあるか把握することができますよね。

動画だけでは不便な部分を文字情報で補うことで、視聴者はより快適に動画を楽しむことができるのです。

例えば、動画の中で紹介している商品が気になったのに、どこで購入できるのか、商品名はなんだったかな、など、何回も見直して調べるようではとても不便ですよね。

それを動画説明文で文字化しておくだけで、視聴者の利便性が一気に上昇します。

さらに動画内で「詳しくは概要欄に貼っておきます」と説明があれば、動画を見ながら慌ててメモを取ったり、早々に離脱して検索しに行ってしまったり、なんてこともなく最後までゆっくりと視聴してもらえます。

視聴者にとって快適であるということは、

  • 評価が上がりやすい
  • コメントが増える
  • リピート率が高くなる
  • チャンネル登録者数が増える
  • 収入に繋がりやすい

などの効果が期待できます。

動画も説明もどちらも目で見る情報という点では同じですが、それぞれに役割があり、特徴を把握して両方を活かせば、相乗的に働いてくれます

動画説明文をYouTubeの集客に活かす方法

YouTubeの動画説明欄を集客に活かす方法

では早速、その動画説明文をどう集客に活かすか、具体的な方法を見ていきましょう。

特にチャンネルを開設してしばらくはアクセスも集めにくいもの。こういった地味な部分こそしっかり作り込むことでチャンスを増やしていきたいですね。

動画ごとの説明を欠かさない

動画ごとの説明を欠かさないなんて、当たり前のようですがとても大事なポイントです。

YouTubeでは、デフォルトで入れる動画説明文をあらかじめ登録しておける機能があります。

これは、「毎回動画作成ごとに同じ説明文を入れる」という面倒な作業をサポートしてくれる、とても便利な機能なのですが、どの動画にも同じ説明しか入っていないというのはNG。「再利用されたコンテンツ」と機械的に判断され、ポリシー違反となる原因にもなります。

そのため共通する内容はデフォルトで入力しておき、動画ごとの説明を必ず加えることが大事なのです。ここで手抜きをしてもいいことは1つもありません。

【動画説明文のデフォルト設定方法】
YouTubeStudioの設定メニューを開きアップロードのデフォルト設定メニューの「基本情報」タブ内の「説明」入力欄にデフォルト表示させたいメッセージを入力して保存します。

検索を意識したキーワードを入れる

動画を作成した際にアピールすべきキーワードは何か、意識していますでしょうか?

キーワードはYouTubeのアルゴリズムに認識してもらうためにも重要な要素。しっかりと考えて設定しましょう。動画の内容を伝えるカギとなるキーワードであり、内容とズレていては意味がありません。

検索結果で表示させることを目的としたキーワードの選定はもちろん、それをタイトルや説明文に入れ込むことも大事です。

説明文の中に多すぎず、少なすぎず、自然な文章となるように入れましょう。

多すぎるとスパムと判断される危険性がありますし、少なすぎてもアピールになりません。各ワードが2~3個ずつ散りばめられるように意識するといいでしょう。

YouTubeのタイトル文字数のベストは?アクセス増を狙うコツ
YouTubeにアップした動画を見てもらうには、サムネイルやタイトルがとても大事ですよね。 あなたは、視聴者が思わずクリックしたくなるようなタイトルを付けられていますか。 こちらのページでは、タイトルの文字数から、アクセス増を狙...

動画説明文の冒頭は特に重要と心得る

動画説明文は大事ですが、それがどのように表示されるか知っておくことも大事です。

例えばYouTubeをPC(WEB)で見た場合、

  • 見たい動画をクリックすると、その下に説明文が3行だけ表示
  • 検索窓にキーワードを検索した結果欄には、冒頭の2行目あたりまで表示

といったように、見る場所でも表示される部分が変わります。

冒頭の2~3行部分は、特に多くの場所で表示されるので、アピールするキーワードや伝えたいことを入れるように意識するといいでしょう。

Google検索で検索表示された場合も、動画説明文の冒頭部分が表示されます。検索した人は、

  • タイトル
  • サムネイル
  • 動画説明文の冒頭部分

を見てクリックするかどうか判断します。これはとても大事な要素なので、自分の動画説明文がどのように表示されるのか、チェックしながら加筆修正していくといいでしょう。

タイムスタンプの活用

長い解説動画などでは、タイムスタンプを活用するのがおすすめ。自分の見たいシーンがどこにあるのか、タイムスタンプでサクッと探すことができれば、視聴者の満足度もアップします。

タイムスタンプは半角で「05:13」の形式で入力するだけです。これを使用して視聴者向けの目次を作成してみましょう。

URLなどリンク設定で快適導線

リンクを貼っておけば、視聴者が別途検索することなく、スムーズに欲しい情報を得ることができます。是非一緒に見て欲しい関連動画などあれば、リンクを入れておきましょう。

詳しくはこちらの記事もご参考にどうぞ

YouTube概要欄のリンク設定&活用方法|流入アップを目指せ!
YouTubeの概要欄、活用していますか。 動画をアップして、再生数やチャンネル登録者数増を狙うなら、概要欄も上手に利用したいですよね。 今回は、YouTube概要欄のリンクに着目し、その設定方法から活用方法まで、まとめてご紹介...

ハッシュタグ活用

ハッシュタグの設置もアクセスアップに有効です。動画を見つけてもらうためのきっかけは少しでも多く設定しておきましょう。

ハッシュタグの効果や注意点についてはこちらで詳しく解説しています。

YouTubeのハッシュタグ効果|設定時の注意点と活用のコツ
YouTubeのハッシュタグ、活用していますか?もしまだ未設置で再生回数など伸び悩んでいるなら、ハッシュタグを設定してみませんか。 ハッシュタグを設定することで、あなたの動画も視聴者の目に留まるチャンスが広がります。 こちらでは...

動画説明文で視聴者を引き寄せよう

視聴者を引き寄せる動画説明文

YouTubeの動画説明文、概要欄はとても大事です。

動画ごとに内容をアルゴリズムに伝えつつ、検索結果に選ばれ、かつ視聴者にクリックしてもらえるような文章を考えたいですね。

くれぐれも「全ての動画で全く同じ説明文」なんてもったいないことにならないように、丁寧に設定していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました