YouTubeのハッシュタグ効果|設定時の注意点と活用のコツ

YouTubeのハッシュタグ効果 再生回数を伸ばす

YouTubeのハッシュタグ、活用していますか?もしまだ未設置で再生回数など伸び悩んでいるなら、ハッシュタグを設定してみませんか。

ハッシュタグを設定することで、あなたの動画も視聴者の目に留まるチャンスが広がります。

こちらでは、ハッシュタグを最大限に活かすため、その効果や設定時の注意ポイントから活用のコツまで、わかりやすく解説します。

正しくハッシュタグを設定して、チャンスを増やしていきましょう。

YouTubeのハッシュタグ効果とは

YouTubeのハッシュタグによる効果には

  • SEO効果
  • 関連動画などで検索されやすくなる
  • ハッシュタグ検索の有利性

といった効果が期待できます。

ハッシュタグによるSEO効果

ハッシュタグを付けることで、GoogleやYouTubeがその動画を機械的に振り分けできるようになります。

GoogleやYouTubeがどういった動画なのか判断できなければ、検索してもヒットせず、視聴者の目にも届かないですよね。

少しでも検索される機会を増やすためには、ハッシュタグを付けて、検索で見つけてもらえるようにしておきましょう。

ハッシュタグにより関連動画として検索されやすくなる

1つの動画を見て、そこに登録されているハッシュタグで関連動画を検索する方もいます。つまり、ハッシュタグを付けておけば、他の類似動画からの流入も見込めるわけです。

そこで視聴者の印象に残れば、別の動画も見られる可能性が高くなり、さらにチャンネル登録をしてもらえるかもしれません。

自分の動画の中でも、シリーズやジャンルでハッシュタグの使い分けをすれば、まとめて見てもらえる可能性も広がるでしょう。

ハッシュタグ検索のトレンド効果

YouTubeのハッシュタグは、トレンド性重視で検索結果が表示される仕組み。最新の動画が上位に表示されることも多いので、動画を投稿しはじめの頃などは、大きなチャンスに繋がる可能性もあるのです。

まだ再生回数もチャンネル登録者数も少ないチャンネルであっても、ハッシュタグ検索でヒットするかもしれないので、やらないのはもったいないですね。

もしまだ、あなたの動画にハッシュタグを設定していなければ、早速設定していきましょう。

ハッシュタグは、動画の説明欄に入力するだけなので、設定はとても簡単です。

YouTubeのハッシュタグを設定する際の3つの注意ポイント

ただし、ハッシュタグを設定する前に、いくつか知っておきたい注意ポイントがあります。

  • #は半角で
  • ハッシュタグの目安は3個
  • プライバシーポリシーに違反するハッシュタグ

といった3つのポイントです。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう

#は半角で

ハッシュタグ「♯」は半角で表示します。

以下のサンプルは、上が全角、下は半角です。リンクになっていれば自動的に青文字になります。

ハッシュタグの「#」を大文字にした場合と小文字にした場合

全角になっていると、このように黒文字のまま、ただの文字列と認識されてしまい、リンクになりませんので、リンクにならない場合は、半角になっているかどうか確認しましょう。

ハッシュタグの目安は3個

YouTubeのハッシュタグは、動画下に表示されるタイトルのすぐ上に3個まで自動的に表示されます。

こちらのサンプルは、2個のみ設定されているので、2個のハッシュタグがタイトル上に表示されています。

YouTube動画タイトル上に表示されたハッシュタグ

ハッシュタグは最大で15個まで登録可能なのですが、タイトルの上に表示されるのは3つまで。

そのため、3個前後で設定している方が多いですね。

プライバシーポリシーに違反するハッシュタグ

その他に、忘れてはならないのが、YouTubeの「ハッシュタグの使用に関するポリシー」です。

ハッシュタグにも以下のガイドラインがあり、これに準拠する必要があります。

  • スペースを入れない
  • 大量のタグ
  • 誤解を招くコンテンツ
  • 嫌がらせ
  • ヘイトスピーチ
  • 性的なコンテンツ
  • 下品な言葉
  • ハッシュタグ以外のタグ

これらのポリシーに違反すれば、ペナルティの原因にもなりますので、各項目を1つずつチェックしておきましょう。

スペースを入れない

ハッシュタグにスペースはNGです。

例えば「Sports News」の場合、

ハッシュタグに半角を含めるとスペース以降の文字列は無視されてしまう

「#Sports News」とスポーツとニュースの間にスペースがあると、Newsは無視され、「#Sports」で認識されています。

「#SportsNews」と空白なしで全体が反映されます。

大量のタグ

YouTubeのハッシュタグの使用に関するポリシーには、

1 本の動画に対して大量のタグを登録しないでください。タグの数が多くなると、検索している視聴者にとって関連性が低い動画が表示されるようになってしまいます。

と記載されています。

また、ハッシュタグは15個まで登録できるのですが、15個以上になると全ハッシュタグが無視される仕様となっており、

タグの数が多すぎる場合、アップロード動画や検索結果から動画が削除されることがあります。

とも記載があるので注意しましょう。

誤解を招くコンテンツ

誤解を招くコンテンツとは、動画とは関係のないタグを設定することを指しています。違反により動画が削除されることがあります。

嫌がらせ

ハッシュタグの使用に関するポリシーで

個人や集団に対する嫌がらせ、侮辱、威嚇、情報漏えい、脅迫を目的としたハッシュタグを追加しないでください。このポリシーに違反すると動画が削除されます。

と記載があります。

ヘイトスピーチ

暴力や憎悪をあおったり、差別的な中傷等のハッシュタグもポリシー違反で、違反すればこれも動画が削除されます。

性的なコンテンツ

性的な表現や露骨な表現のハッシュタグも動画を削除される原因となります。

下品な言葉

ハッシュタグの使用に関するポリシーで

ハッシュタグで冒とく的な言葉や不適切な言葉を使用すると、動画の年齢制限や削除につながります。

とあります。

ハッシュタグ以外のタグ

ハッシュタグ以外の

  • 説明的なタグ
  • 何度も繰り返しの文章

を説明欄に記入すると、これもポリシー違反。違反すれば、罰則の適用または動画を削除されることもあります。

このように、ハッシュタグでも一歩間違えればポリシー違反で動画削除等の危険性があることを知っておきましょう。

YouTubeのハッシュタグを活用する3つのコツ

ビッグキーワード&トレンドキーワードを狙え

ハッシュタグで少しでも検索されるチャンスを掴むためには、ビッグキーワードやトレンドキーワードを設定するといいでしょう。

ビッグキーワードというのは、例えば

  • ダイエット
  • ゲーム
  • 美容

などいった大きなくくりのキーワードです。

トレンドキーワードは、多くの人が注目しているような、トレンド上昇中のキーワードです。

ハッシュタグ検索は、新しい動画が表示されるチャンスなので、これらを上手に活用していきましょう。

再生回数の多い動画のハッシュタグをパクれ

再生回数の多い人気動画のハッシュタグをそのままお手本にするのも1つの方法です。関連動画としてハッシュタグで検索される可能性が高まります。

ハッシュタグでのアピールもアリ

ハッシュタグはキーワードを入れて検索結果に影響させるだけでなく、アピール材料として活用することもできます。タイトル上の目立つところに表示されるので、それを上手に利用するのです。

例えば、ブログをアピールしたいときには「#ブログもやってます」とか、サブチャンネルもアピールしたいなら「#セブチャンネルもやってます」とか。

YouTubeでの伸び悩み中で、まだハッシュタグを利用していないのなら、こうした検索されるきっかけ作りから始めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました