YouTubeのタグの付け方と効果|ハッシュタグとどう違う?

YouTubeのタグの付け方と効果,ハッシュタグとの違い 再生回数を伸ばす

YouTubeのタグを付けるといいって聞いたけど、タグってどうやって付けるの?なんて困っていませんか。

こちらのページでは、YouTubeのタグの付け方から、その効果、ハッシュタグとの違いなど、タグに関する疑問点について、まとめてわかりやすく解説します。

タグの効果を理解して、あなたのチャンネル育成に、そして収益化に向けてしっかり活用していきましょう。

YouTubeのタグの付け方

YouTube動画にタグを付けるのは簡単。動画をアップロードする際でも、公開済みの動画にも、タグを付けることができます。

動画アップロードでタグを付ける方法

まずは動画をアップロードする際のタグの付け方をご紹介します。

YouTubeStudioで動画をアップロードすると、こういった画面が表示されます。

動画アップロードで表示される画面

この画面を下にスクロールしていくと、「すべて表示」という青文字が表示されるので、ここをクリック。

詳細ページの「すべて表示」

 

するとこのようにタグの入力欄が表示されますので、ここにカンマ区切りでタグを入力するだけです。

詳細ページのタグ入力欄

 

入力欄には、

タグは、自分の動画のコンテンツの検索で入力ミスがよくある場合に便利です。その場合を除けば、視聴者が動画を検索するときにタグが果たす役割はごく小さなものです。

と表記されています。

なんだかこれならわざわざ入力する必要がなさそうに感じますが、入力する意味はあります。タグ付けの効果については後述しますので、ひとまず入力方法をマスターしましょう。

入力すると、このような表示となります。

タグをカンマ区切りで入力した時の表示

ここでの項目入力が終わったら「次へ」で進み、動画公開まで完了させます。

公開済みの動画にタグを付ける方法

公開済みの動画にタグを付ける場合は、YouTubeStudioの画面で左サイドに表示されているメニューの「コンテンツ」から進みます。

コンテンツごとの詳細アイコン

 

タグを付けたい動画を選び、ペンのマーク(詳細)をクリックすれば、動画をアップロードした時と同じ画面が開きます。

動画アップロードで表示される画面

 

ここで、画面を下にスクロールして「すべて表示」の青文字をクリック、表示されたタグの入力欄に入力をして、保存します。

詳細ページのタグ入力欄

 

なお、公開済みの動画に関しては、モバイルアプリからもタグの追加が可能です。

モバイルアプリでタグ付けする場合は、アプリを起動、ライブラリ自分の動画その他アイコン編集と進めばタグの記入欄が表示されますので、タグを入力して保存すれば完了です。

タグ付けでスパム?!入力時の注意ポイント

タグを付ける際は、ちょっとした注意点もあります。

気を付けたいのは、

  • タグの数
  • 入力時のルール
  • ガイドライン違反

といった3つのポイントです。

タグの数

タグの数というのは、YouTube側から何個までといった上限が設けられてません。入力欄も500文字まで入力可能です。

「それならたくさん入れたほうがいい!」と考えるのは間違いで、大量のタグを入れるとスパムとみなされて動画削除などのペナルティを受ける可能性があるのです。

タグの適切な数は5個~10個程度と言われていますので、その範囲で設定しておくといいでしょう。

入力時のルール

YouTubeでタグを複数設定するときは、カンマ区切りで入力します。半角スペースで区切ってしまうと、正しく設定できません。

タグというのは、動画のどこかに表示されるものではないので、ここは間違えないように、正しく入力してしっかり反映させましょう。

ガイドライン違反

YouTubeには動画をアップする上でのガイドラインがあります。タグも対象ですので、NGワードを入れないようにしましょう。

動画に関連性のないタグ付けもNGです。

ガイドライン違反は当然ペナルティの原因となりますので、タグを入れるときは十分に注意しましょう。

YouTubeタグって効果ある?

YouTubeでタグを付ける意味ですが、先述の通り、公式でも検索結果への影響は小さいと言われています。

では、タグを付ける意味はどういったところにあるのかというとそれは、GoogleやYouTubeに機械的に動画の内容を伝えるためです。

同じタグの付いた動画は関連動画に表示されやすくなります。タグを入れないよりは、入れた方が視聴者の目に付くチャンスが増えるというわけです。

どんなタグを入れるべきか

タグの効果がわかったら、次はどんなタグを入れるといいのか、ということが気になりますよね。

動画のジャンルやカテゴリー

GoogleやYouTubeに動画の内容を伝えるのですから、動画の内容をワードで表現していけばいいとわかります。大事なのは、ジャンルやカテゴリーですね。

例えば、「【投資初心者向け】少額から始める投資の方法」といった動画であれば、

投資,初心者,少額,方法

などといったタグを入れるイメージですね。

人気動画のタグをコピー

これは裏技的な方法になりますが、あなたの投稿した動画と関連する内容の人気動画があれば、そのタグと同じタグを設置する、という方法もあります。

タグが一致していることで、関連動画として表示されやすくなる可能性が高くなるわけです。

効果の大小は、動画のジャンルやライバルの数などによっても変わってきますが、試しにやってみて、どういった影響があるのかチェックするのもチャンネル育成に役立つはず。

ただし、動画に関連しないタグをむやみやたらと付けても効果はありませんし、スパム判定で動画削除される危険性もありますので、あくまでも関連するタグ付けというのが基本です。

動画のタグを見る方法

人気動画のタグをコピーするのが有効だとご紹介しましたが、動画に設定したタグというのは、通常画面では表示されません。

が、タグを見る方法はそれほど難しくありません。

まず、タグを見たい動画の画面を表示。このページのどこか白い部分にカーソルを置き、右クリックすると以下のようにメニューが表示されます。

右クリックで表示されるメニューからソースを表示させる

 

このメニューの「ページのソースを表示」をクリックします。すると、こんな風に英語だらけの見慣れない表示が出てきます。

ページのソース表示をクリックすると表示される画面

 

タグを見るために、この文字列の中から「keywords」という単語を見つけます。やり方は、CtrlキーとFキーを同時に押します。画面上に入力枠が表示されるので、ここに「keywords」と入力してEnterキーを押すだけ。

すると、動画に設定されているタグの文字列が表示されます。これをコピペしてあなたの動画のタグ入力欄に貼り付ければOKです。

Ctrl+FのショートカットでKeywordsを検索

 

人気のある動画というのは、タイトルやサムネイル、動画内容などコンテンツ全体が良く、トータルで評価された結果であり、同じタグを付けたからといってそれだけで同列になれるかといったらそれは難しいでしょう。

ですが、このように少しずつ良いコンテンツの要素を取り入れていくことで、あなたのチャンネルが成長していくのは間違いありません。

特にチャンネル開設当初、そして伸び悩みの時期などは、できる対策があるならした方がいいですよね。

YouTubeのタグとハッシュタグはどう違う?

タグとハッシュタグは言葉が似ているのですが、

  • タグはGoogleやYouTubeに伝えるため
  • ハッシュタグは視聴者に伝えるため

といった部分が大きく異なっています。

そもそもタグは表から見えません。ハッシュタグは誰でも見ることができますし、ハッシュタグを使って視聴者自身が関連動画を探すこともできます。

このように異なるタグとハッシュタグは、それぞれ用途が違いますが、チャンネル育成のためには役立つ機能ですので、どちらも有効に活用していきましょう。

ハッシュタグの効果や活用方法についてはこちらで詳しくご紹介しています。

YouTubeのハッシュタグ効果|設定時の注意点と活用のコツ
YouTubeのハッシュタグ、活用していますか?もしまだ未設置で再生回数など伸び悩んでいるなら、ハッシュタグを設定してみませんか。 ハッシュタグを設定することで、あなたの動画も視聴者の目に留まるチャンスが広がります。 こちらでは...
タイトルとURLをコピーしました